書籍販売

飛行方程式設定入門
GLS進入方式設定入門
株式会社レイメイ
4500円(税抜)
現在までに「初めてのPANS-OPS」シリーズとして、非精密進入方式と精密進入方式等を出版しています。近年、方式設計を取り巻く状況の変化に伴い、国際民間航空機関(ICAO)は、地上に設置した航空保安無線施設の利用から、宇宙基盤の人工衛星に軸足を移行し、ICAO 条約附属書及びPANS-OPS やPANS-ATM 等の航空業務方式の改正を行い、地形上の問題等でILS 等の精密進入を行うための施設を設置できなかった空港でもGLS進入方式により精密進入を実施することが可能になりました。ここでは、GLS 進入方式の設定について、わかりやすく書かれています。
飛行方程式設定入門
飛行方式設定入門
株式会社レイメイ
4500円(税抜)
空の旅になくてはならないものは、航空機やそれを運航することに関わるスタッフ等ですが、忘れてはいけないものに飛行方式があります。飛行方式は天候が悪くても運行する全天候運航が必要となります。本書は、初めて方式設計に触れる人を対象にした入門書です。航空の基礎知識をお持ちの方を対象としていますが、あまりなくても理解できるように工夫してあります。できる限り、その基準の背景や数値の根拠を書き入れて理解を促す工夫をほどこしています。
続飛行方程式設定入門
続飛行方式設定入門
株式会社レイメイ
4500円(税抜)
計器進入には、精密進入(precision approach)と非精密進入(non-precision approach)に分かれており、飛行方式設定入門は非精密進入方式をとりあげましたが、続飛行方式設定入門は続編として、精密進入方式を取り上げています。
飛行方程式設定入門 テスト問題集
飛行方式設定入門 テスト問題集
株式会社レイメイ
1500円(税抜)
知識は実際に使ってこそ実践的に活用することができます。飛行方式設定入門に準拠した問題をこなすことでより読者の活かせる知識と定着することでしょう。
テスト問題集は『こちら』をクリックして内容を参照頂けます。
方式設定入門
(初めてのPANS-OPS)
はじめに 空の旅になくてはならないものは、航空機、航空機を運航する航空会社、パイロット、航空機が安全に運航できるように支援する管制官等のスタッフ、さらに滑走路等の関連施設とそれらを維持管理するスタッフ等ですが、忘れてはいけないものに飛行方式があります。当初、天候に左右されていた航空機の運航も、今では、地上施設や航空機に搭載されている機器等の条件が整っていれば、昼夜を問わず、雨が降っても、霧の中でも可能となりました。このように、天候が悪くても運航することを、全天候運航(All Weather Operation)と言います。飛行方式は全天候運航を行うためになくてはならないものです。この飛行方式を設定するための基準は、嘗ては、世界に通じない国際民間航空機関(ICAO)の国際基準(PANS-OPS)とか、世界に通じるアメリカのローカル・ルール(TERPS: United States Standard for Terminal Instrument Procedures)などと言われていたこともありましたが、現在では、アメリカ及び一部の国を除き、世界中の多くの国でICAOの国際基準が適用されています。日本もPANS-OPSに準拠した「飛行方式設定基準」を制定し、運用しており、アジア地域において、この分野における中心的役割を果たす国として期待されているところです。本書は、初めて方式設定に触れる人を対象にした入門書で、単なる入り口だと思って下さい。扉を開けて入ったからには、PANS-OPSは勿論のこと、シカゴ条約の附属書(Annexes to the Convention)や、ICAOの技術書(Technical Publications)、アメリカのTERPS等も読んで下さい。PANS-OPSは、方式設計者を対象としたVol. IIと運航者を対象としたVol. Iとから成ります。PANS-OPS Vol. I、Vol. IIは是非読んで下さい。それ以外に、上級者となるために読んでほしいICAOやFAAの規程類を記載しておきます。

なお、本書はPANS-OPS Vol. I、第5版修正第4号(2010年10月18日適用)、PANS-OPS Vol. II、第5版修正第3号(2010年10月18日適用)に基づいています。

1.ICAO
(1)条約附属書
①Annex 4 — Aeronautical Charts.
②Annex 6 — Operation of Aircraft.
Part I — International Commercial Air Transport — Aeroplanes.
③Annex 10 — Aeronautical Telecommunications.
Volume I (Radio Navigation Aids).
④Annex 11 — Air Traffic Services.
⑤Annex 14 — Aerodromes.
Volume I — Aerodrome Design and Operations.
⑥Annex 15 — Aeronautical Information Services.(2)マニュアル
①Airport Services Manual. (Doc 9137)
Part 6 — Control of Obstacles.
②Manual on Testing of Radio Navigation Aids. (Doc 8071)
③Aeronautical Chart Manual. (Doc 8697)
④Aeronautical Information Services Manual. (Doc 8126)
⑤Instrument Flight Procedures Construction Manual. (Doc 9368)
⑥Quality Assurance Manual for Flight Procedure Design. (Doc 9906)
⑦Template Manual for Holding, Reversal and Racetrack Procedures. (Doc 9371)
⑧Air Traffic Services Planning Manual. (Doc 9426)2.FAA
①United States Standard for Terminal Instrument Procedures (TERPS) (82630.B)
②Instrument Procedures Handbook. (FAA-H-8261-1A)
③Instrument Flying Handbook. (FAA-H-8083-15A)
PageTop